音楽活動総括④

新しいギターも手にしライブイベントや路上で歌っていくことになるのだが、まだまだ荒削りで毎回いいライブができたわけではなく・・。ギターはともかくボーカルはまだまだ上手いとは言えないレベルだった。音楽を続けているといいこともあるけど色々壁にぶつかることも多く・・・。「歌詞がイマイチ」「ギターはいいけど歌声がいまいとつ」と過去には意見されることも多かったし、続けていくことが嫌になることもあったがそれでも辞めなかったのは「このままでは終われない」という反骨心があったからだろう。
逆に今はこういう意見(アドバイス)を言う人がいなくなったような・・いいのか悪いのか。

NEWギターを手にした頃には野外イベントで知り合った人達と高岡駅南の地下道で歌うことが多くなった。
駅前の地下道に比べると人通りはやや少ないもののリバーブの効きが半端なく、毎週魅入られたように駅南には通ってたなあ。のりさん、やまさんをはじめとしてかつては多くのミュージシャンが集う場になっていた。路上にずらりとギブソン、マーチンといった高級ギターが並ぶ風景は今では懐かしい。
・・かつてこの駅南を通り過ぎた人はこの駅南で歌う人々を「駅南オールスターズ」と呼んでいたらしい(笑)

この路上で歌う日々もあり、自分の歌声も少しずつ変わっていったように思う。
演奏も大事だけど、やっぱり弾き語りは歌で勝負してナンボだ、と。
井上陽水はこの頃よくカバーしてたなあ。彼の歌い方は随分参考にした・・つもり。10年前の映像を見てみると明らかに今と歌い方が違う。「あ~、歌が幼いな」みたいな(笑)

色々細かいところは端折って音楽活動を総括してみましたが、これから子育てが本格的に始まるにあたり、暫し音楽活動を休止いたします。
正直音楽を辞めることは考えられないし、これだけどっぷり浸かってしまった人間がそう簡単に辞めれるとは思えない(笑)イベントに顔を出すことは当分無くなりますが、どんな形であれ音楽は続けられたらと思う。


あと人には2通りあると思うんだよなあ。
恵まれた才能を開花させて上り詰めていく人と、才能には恵まれないが少しづつコツコツ積み上げていく人。
自分は間違いなく後者。正直公の場でちゃんとしたライブができるレベルになるまで10年かかったと思う。
才能ある人が1,2年で駆け抜けるところを自分は10年かけてようやく抜けた感じですかね(笑)


幸い還暦を過ぎても元気に音楽活動をしてる方も数多くいらっしゃるので・・。
自分が60になった時に元気で音楽を続けてられたらいいなあ・・。






おしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック